外車を購入する際の注意点

わたしたちが人生の中で行なう大きな買い物と言えば、住宅に加えて、人によっては車もそのような部類に入ってくると思います。
さて、車を買うときには、あなたはどのような基準で選びますか。
まず、新車を購入するか、それとも中古車を購入するかという点で決定を迫られます。
もちろん、どちらが優れているということはなく、それぞれに利点とそうではない点があります。
新車を購入すれば、初めてのオーナーとしてのすがすがしい気持ちでスタートできますし、すべてが新品ですから、当分は修理や交換の煩わしさがなく運転できます。
しかし、当然ながら購入するための予算を持っていなければなりません。
一方、中古車の場合は、新型の小型車を買うことのできるだけの予算があれば、大きな車を購入できるかもしれません。
賢く選んで、認定中古車などを購入すれば、程度のいい車を手に入れることができ、長い期間にわたって乗り続けることができるかもしれません。
ところで、市場に出回っている中古車は、日本車だけとは限りません。
海外の自動車メーカーが生産した車も、中古車として購入することができます。
しかし、国産車の場合と比べると、輸入中古車の場合には少し注意が必要です。
なぜでしょうか。
まず、現在日本国内で新車として販売されている海外メーカーの車には、2つの種類があります。
正規輸入車と、並行輸入車です。
正規輸入車とは、海外のメーカーが日本に向けて販売することを意図して、細かい設計上の面や使用を変更して送り出している車です。
ですから、湿気の多い日本の風土などがよく研究されていますし、ハンドルの位置などももちろん調整されています。
その一方で、並行輸入車の場合は、海外で販売されているものをそのまま輸入する形になります。
もちろん、列記とした新車で、しかもそれがその国では主流で売られているのですが、そのままの状態で日本の道路を走行することになります。
正規輸入車に比べると、並行輸入の方が安くなるので、日本国内でも並行輸入車が出回っています。
それが中古車になると、そのころにはさまざまなトラブルにまきこまれる可能性もあります。
ですから、外車の中古車を購入する場合には、ある程度の調査をして賢く選ぶことが必要でしょう。
日本国内の正規輸入代理店や、日本国内で展開している海外メーカーのディーラーでは、認定中古車制度を導入している場合があります。
そのような車を買えば、保証も付き、その前にも厳しい審査を通過しているので安心と言えるでしょう。

Copyright (C)2021古き良き時代のクルマ探し〜中古車を極める!〜.All rights reserved.